浄化や邪気をはらうパワーストーン「アメジスト」

アメジスト

アメジストは紫色を帯びた水晶です。和名をそのまま、紫水晶ともいいます。 アメジストの淡いスミレのような美しい紫の発色は、微量の鉄イオンが含まれていることが理由です。 アメジストという名称は、ギリシャ語で酒の意味のmethyと否定辞のaからきており、 このことからアメジストのパワーストーン効果には「酒に酔わない」が追加されています。 他の石との相性良く、自浄作用もあるため、パワーストーンブレスレットの天然石としてもよく使われます。 アメジストを間に挟むことで、他の石同士のパワーがぶつかり合うのを防げるともされています。

アメジストはヨーロッパでは『素敵な恋人をまねきよせる石』ともいわれる一方で 『高まりすぎた熱情を穏やかにさます力』があると言い伝えもあります。 酒に酔わないように、男(異性の色香)にも酔わないといったところでしょうか。 冷たいと感じるほどの冷静さと対極を見極める知性の高さは、男女問わずに人を惹きつける、 神秘的でミステリアスなオーラをあなたに与えるでしょう。

ギリシャ神話「アメジスト」

この酒に酔わないというのは、実はギリシャ神話が出典とされています。 その昔、月の女神の侍女にアメジストというなの美しい少女がいました。 彼女が川で清廉な水をくみ上げていたところ、そこへやってきた酒の神がちょっとした悪戯心で獣をけしかけたのです。 あわや、と思われた瞬間、月の女神はアメジストを淡い紫に輝く宝石へと変えました。・・・・そんなお話です。 これが元で、アメジストにはお酒に打ち勝つ!というイメージがついたわけです。

高い身分の象徴である「紫」

アメジストと同じ紫という色は聖徳太子が定めた『冠位十二階』で最高位の色として崇められ、 特に中国では皇帝だけが身につけることを許された色といわれてその色や歴史的背景からも高貴なパワーストーンと言えます。 イメージは貴婦人。アメジストが美少女だったことも関係していそうです。 『愛の守護石』『真実の愛を守りぬく石』とされるアメジスト。 古代から多くの人々に愛されてきたとされる、アメジストの紫色。 日本では、今でも最も気高い色とされ、宗教的な儀式では非常に大切にされてきたパワーストーンと伝えられています。 また、古代エジプトでもアメジストと同じ紫色が宗教的・霊的権威の高い色とされるため、 装飾品や護符として、ユダヤでは祭司の胸当てに飾られ、キリスト教世界では 「司教の石」として全員がアメジストの指輪をはめたという。

パワーストーンアメジストが守護するみずがめ座

2月の誕生石。アメジストはみずがめ座の守護石です。 みずがめ座は波動を感じ、流動的な人の心を感じ取れるともされています。 悪いことをする人をなだめますが、決して頭から否定するのではなく、そこに至った経緯や心情を斟酌し、理解しようと働きかけます。 推理力や洞察力も高く、知性的な一面を持つ、 ともすれば孤立しがちな、みずがめ座の繊細な心をアメジストのパワーストーン効果は守ってくれるのです。

[アメジストの 主な効果 ]

誠実な相手との出会いをもたらす
障害のある恋の成就
リラックスできる
財運を高め、ステイタスを得る
会社経営のお守り
出世運の向上
恋人・家族・友人との絆を深める
恋愛運の向上
肉体的な結びつきを強める
記憶力・集中力・創造性・理解力・表現力を高める
インスピレーション・直感力・決断力をもたらす
精神を安定させる
心の傷をとりのぞき、安らぎをもたらす
危機・困難をのりこえる精神力をもたらす
生命エネルギーの向上
ダイエットに成功する
性エネルギーを活性化させる
悪酔いしない
感情の乱れをととのえ、冷静に物事を見据える判断力をもたらす
悲しみ・失望・怖れなどのマイナスエネルギーを昇華する
第六感を高め、潜在能力を引き出す
深いヒーリングをもたらす
自分が好きになり、自信がもてる
安眠をもたらす
アレルギー性疾患を緩和する
結婚に対する迷いを解消

これだけの効果が期待されるアメジスト。パワーストーンブレスレットなどでも大人気です。 アメジストの指輪やブレスレットは、女性も男性も更に魅力的に見せてくれるでしょう。 パワーストーンアクセサりーの中でも所作を示す腕につけるアメジストのブレスレットは一際目立つ存在です。 あなたの魅力を存分にアピールしてみてはいかがでしょうか? 冷静な視点は、あなたに持続可能な愛、つまり運命の相手を探すことを約束してくれます。 遊び気分で付き合う恋人を寄せ付けないという、浮気防止のお守りとしても最適です。

recommend

林田学
http://archive.fo/Pn7eV

2017/3/30 更新